現役編集者の書評ブログ

ビジネス書の編集をしています。読んだ本を不定期で紹介します。

はじめに

はじめまして。

この度、本を紹介するブログを作りました。

続きを読む

【書評】『夢を売る男』百田尚樹

自費出版」と「商業出版」

リアル鬼ごっこ』と『B型自分の説明書』。

どちらも数十万部売れた大ベストセラーだから、タイトルを覚えている人も多いだろう。実は、一見何の関係もなさそうなこの2冊にはある共通点がある。

続きを読む

【読書メモ】『ダイオウイカは知らないでしょう』西加奈子・せきしろ

『ダイオウイカは知らないでしょう』

書名:ダイオウイカは知らないでしょう

著者:西加奈子せきしろ

出版社:文藝春秋 (2015/2/6)

ISBN:9784167903060

Amazon CAPTCHA

 

続きを読む

【読書メモ】『螺旋の手術室』知念実希人

『螺旋の手術室』

書名:螺旋の手術室

著者:知念実希人

出版社:新潮社 (2017/9/28)

ISBN:9784101210711

Amazon CAPTCHA

 

続きを読む

【書評】『人工知能はどのようにして「名人」を超えたのか?』山本一成

「その仕事、AIに奪われますよ!」

「AIに奪われる仕事」というキーワードが世間をにぎわしている。「あなたはこのままでは新しい時代を生き残れませんよ」という危機感を煽るような表現に、不安を感じている人も多いはずだ。

続きを読む

【読書メモ】『杏のふむふむ』杏

今週のお題「読書の秋」 

秋は過ごしやすいとよく言われるけれど、近づいてくる冬の気配に少し寂しさも感じてしまいます。そんな寂しさを暖かく埋めてくれる秋にぴったりの一冊を紹介します。

 

『杏のふむふむ』

書名:杏のふむふむ

著者:杏

出版社:筑摩書房 (2015/1/10)

ISBN:9784480432360

Amazon CAPTCHA

 

続きを読む

【書評】『書店風雲録』田口久美子

「残念なニュース」に事欠かない出版界

出版業界がマスコミに取り上げられるとき、よいニュースであることはほとんどなく、業界の苦境を伝えるものが多い。人気少年漫画誌の印刷部数が200万部を割ったとか、三番手の取次が倒産したとか、残念なことに暗い話題には事欠かない。

続きを読む