現役編集者の書評ブログ

ビジネス書の編集をしています。読んだ本を不定期で紹介します。

光文社

【書評】『バッタを倒しにアフリカへ』前野ウルド浩太郎

なぜ、あの人は“夢中”になれるのか? 「すべてを捨てられるほど夢中になるものがある」という人がものすごく羨ましい。 夢中になれるかどうかなんて全部自分の問題で、他人を羨むなんてお門違いだとわかっている。 しかし、本で、テレビで、映画で、情熱に突…